キャピタルの歴史 | Capital Group

キャピタルについて

キャピタルの歴史

1929年の大暴落、いわゆる「暗黒の木曜日」で策もなく資産を失ってゆく個人投資家を目の当たりにしたジョナサン・ベル・ラブレスは、プロによる運用の必要性を痛感し、1931年米国ロサンゼルスの地に、3つの原則を規範とするキャピタル・グループを設立しました。以来、85年余、この3原則は今もなお、私たちのコア・バリューとして受け継がれています。

  • 企業の本源的価値を見極めるため、徹底した調査を行なうこと
  • 調査に基づく見通しをもとに、合理的な価格で投資すること
  • 常に、正直で、誠実であること
  • Capital Group History - 1930s
    1931年

    世界大恐慌期に、米国ロサンゼルスで創業

     

    1934年

    The Investment Company of America (ICA)の運用を開始1

     

    1. ICAを含むアメリカン・ファンズは米国においてのみ提供されている投資信託です。当ページでは、日本国内での勧誘等ではなく、キャピタル・グループに関する情報提供の目的においてのみ紹介しています
  • Capital Group History - 1950s
    1953年

    米国外への投資を開始 

    1956年 

    日本株式への投資を開始 

    1958年 

    キャピタル・システムSMを利用した運用を開始

  • timeline-1960
    1962年

    米国外で最初の拠点をジュネーブ (スイス) に開設

    1965年

    後にMSCIインデックスとなるグローバル運用の指数を開発1

     

    1. MSCIインデックスは、国際的な株式投資の代表的株価指数で、現在はキャピタル・グループとは資本的に無関係のMSCI Inc.により管理されています
  • Capital Group History - 1970s
    1973年

    機関投資家向けに債券運用を開始

    1974年

    富裕層向け資産運用サービス部門を設立

  • timeline-1980
    1982年

    東京に拠点を開設し、その後、香港 (1983年)、シンガポール (1989年) とアジアの拠点を拡大

    1986年

    世界初のエマージング株式特化型運用を開始

  • stock-photos-professionals
    1990年

    エマージング債券への投資を開始

    1992年

    プライベート・エクイティ運用を開始 

    1996年

    日本株式特化型運用を開始

  • timeline-2000
    2007年

    日本で個人投資家向けに投資サービスを開始

    2008年

    ムンバイ (インド) に調査拠点を開設

    2009年

    北京 (中国) に調査拠点を開設

  • office_milan
    2011年~2014年

    欧州とアジア・パシフィック地域で新たに7拠点を開設  

    2015年

    米国の投資家向けの投資信託であるアメリカン・ファンズ1のなかで、長期にわたる実績を有する運用を欧州および日本を含むアジアの投資家向けに提供開始

     

    1. アメリカン・ファンズは米国においてのみ提供されている投資信託です。当ページでは、日本国内での勧誘等ではなく、キャピタル・グループに関する情報提供の目的においてのみ紹介しています