キャピタルの強み | Capital Group

キャピタル・グループの強み

キャピタル・グループは、1931年の創業以来、徹底した調査活動、確信度の高い
ポーフォリオの構築、説明責任の徹底を厳格に堅持することで、長期投資を望まれるお客様に優れた運用実績を提供することに総力を結集しています

< >

すべてはお客様のために

キャピタル・グループでは、お客様の利益とグループの経営目標とを同調させるべく、一貫して長期的視点に基づいた経営判断を行っています。お客様に満足いただける運用実績を長期的に達成していくことこそが、キャピタル・グループの唯一の経営目標です。また、運用担当者は、運用する資産の規模ではなく、あくまで運用成果によって報酬が決定されます。加えて、キャピタル・グループが提供するファンドには、キャピタル・グループの社員も投資しています

キャピタル・グループの理念は、「すべてはお客様のために」が立脚点です

 

長期の運用成果に基づき決定される報酬
運用担当者の報酬は、1年、3年、5年、8年の運用成果を重視して決定されますが、長期投資のアプローチを奨励するため、 長い期間の実績に比重が置かれます

 

キャピタル・グループの社員も投資しています
キャピタル・グループが提供するファンドには、キャピタル・グループの社員も投資しています

 

投資の考え方や報酬の決め方をお客様の利害と一致させることで、お客様と真につながることができると考えます
運用担当者の報酬は、1年、3年、5年、8年の運用成果を重視して決定されますが、長期投資のアプローチを奨励するため、 長い期間の実績に比重が置かれます

 

 

images-valprop-jp-stop2

キャピタル・システム/The Capital SystemSM

キャピタル独自の当システムは、個々の運用担当者が、それぞれの最も高い確信度に基づいて投資行動することを目指しつつ、運用担当者の独断的な意志決定に伴うリスクを抑制することも狙いとした再現性の高い運用プロセスです

「キャピタル・システム」では、ポートフォリオが分割され、投資アプローチが異なり、多様な経歴を有する複数の運用担当者が、それぞれ独自の判断に基づいて担当ポートフォリオを運用します

また、「キャピタル・システム」の運営状況は、規律ある複層構造のガバナンス体制によって厳格に管理されています

 

 

再現性の高い運用プロセス

世界各地の拠点に在籍するアナリストが、地域や業種などに分かれた調査分野を担当し、グローバルな投資機会を網羅する調査体制を有します

アナリストによる広範で詳細なグローバル調査

 

 

再現性の高い運用プロセス

個々のポートフォリオ・マネジャーおよびアナリストは、配分されたポートフォリオを、自身の最も確信度の高い投資アイデアに基づき運用します

確信度の高い投資アイデア に基づく運用                   

 

 

キャピタル・グループの運用には、アナリストが担当を割り当てられ、確信度に基づいて運用を行う「リサーチ・ポートフォリオ」と呼ばれる部分があります。アナリストも投資家であるとの考えから、ポートフォリオ運用における責任の一翼を担っています。

 

 

再現性の高い運用プロセス

同一のポートフォリオを複数のポートフォリオ・マネジャーとアナリストで分担し運用する「キャピタル・システム」では、運用担当者間で情報の共有や意見の交換が積極的に行われる一方で、グループとしての投資判断は行わないことが、一般的な合議制の運用手法と大きく異なります

 

 

 


キャピタル・グループの運用には、アナリストが担当を割り当てられ、確信度に基づいて運用を行う「リサーチ・ポートフォリオ」と呼ばれる部分があります。アナリストも投資家であるとの考えから、ポートフォリオ運用における責任の一翼を担っています。

 

 

再現性の高い運用プロセス

個々のポートフォリオ・マネジャーと各アナリストの最も高い確信度に基づく投資アイデアの融合により、全体のポートフォリオが構築されます

 

 

再現性の高い運用プロセス

層の厚い経験豊富な運用担当者が、各自がそれぞれの配分に関し責任を持って運用することにより、分散効果を確保しつつ長期的に優位な運用の実現を目指します

 

 複層的な分散効果

 

 

 

 

 

ガバナンス体制

徹底したリスク管理を実現する複層的な態勢

複層的なガバナンス体制により、個々の運用担当者が確信に基づく投資判断を行い、ポートフォリオ全体が長期的な目標に沿って運用されることを可能にします

 

 

ガバナンス体制 

運用担当者

ポートフォリオ・マネジャーとアナリストが協働し、調査内容の共有や意見交換を行います

ガバナンス体制

プリンシパル・インベストメント・オフィサー (運用統括責任者)

  • 運用目標の遵守
  • ポートフォリオ全体のリスク管理や各ポートフォリオ・マネジャーへの配分調整を主導

ポートフォリオ・コーディネーティング・グループ

  • ポートフォリオ・マネジャーの選任や後継者育成に向けた計画
  • 各ポートフォリオ・マネジャーの運用実績のモニタリング

経営委員会

  • 組織全体の経営
  • ポートフォリオ・コーディネーティング・グループの監視

継続性の担保

キャピタル・グループは、独立系であり、株式非公開会社で健全なバランスシートを有する企業の強みを活かし、市場環境に関わらず、常に自らの運用能力を向上させることに経営資源を投じています。また、単独のポートフォリオ・マネジャーによる運用とは異なり、キャピタル・システムでは、ポートフォリオ・マネジャーの変更などをスムーズに行い、世代を越えて、再現性の高い運用プロセスを維持することが可能です

様々な市場環境での運用経験がもたらす安定性

 

  • キャピタル・グループのポートフォリオ・マネジャーは、平均で21年の在籍年数と27年の運用経験年数を有しています1

 

  • ポートフォリオ・マネジャーとして同一の運用戦略を担当する期間は、業界平均の6.3年に対し、キャピタル・グループでは9年に及びます2

 

いくつもの市場サイクルを通じ、蓄えられた知識と経験の強みをご提供しています
  1. 出所:キャピタル・グループ。2016年12月末現在。
  2. 出所:モーニングスター。2016年12月末現在のアメリカン・ファンズを対象としたデータ。暦年ベースで、直近5年間在籍したポートフォリオ・マネジャーの比率に基づく。アメリカン・ファンズは米国においてのみ提供されている投資信託です。当サイトでは、日本国内での勧誘等ではなく、キャピタル・グループに関する情報提供の目的においてのみ紹介しています。
「資産運用の世界では、しばしば経営の安定性こそが、その会社の運用を測定 する格好の尺度と考えられている。(中略) 実力があり、評価の高い運用担当者が自らのキャリアをその会社で全うしようと考えるような健全な企業文化を形成することは、資産運用業界において最も難しい課題のひとつである」


モーニングスター(2012年9月)

キャピタル・グループの歩み「株式投資の歴史から学んできたこと」
(2009年3月)

31%

のポートフォリオ・マネジャーが1987年10月のブラックマンデーを経験

 

 

2016年12月末現在

68%

の債券ポートフォリオ・マネジャーが1994年のメキシコ危機(テキーラ・ショック)を経験

100%

のポートフォリオ・マネジャーが10年以上の運用経験を有する

すべてはお客様のために

キャピタル・グループでは、お客様の利益とグループの経営目標とを同調させるべく、一貫して長期的視点に基づいた経営判断を行っています。お客様に満足いただける運用実績を長期的に達成していくことこそがキャピタル・グループの唯一の経営目標です

キャピタル・システム

「キャピタル・システム」は、個々の運用担当者が、それぞれの最も高い確信度に基づいて投資行動することを目指しつつ、運用担当者の独断的な意志決定に伴うリスクを抑制することも狙いとした再現性の高い運用プロセスです。運営状況は、規律ある複層構造のガバナンス体制によって厳格に管理されています

継続性の担保

キャピタル・グループは、独立系、株式非公開会社で健全なバランスシートを有する企業の強みを活かし、市場環境に関わらず、常に自らの運用能力を向上させることに経営資源を投じています。また、運用担当者に関しては、業界でも屈指の経験豊富な人材を有しています