エマージング・マーケッツ | Capital Group

  • ファンド一覧
  • キャピタルの視点
  • 米国個人投資家の声
  • キャピタル・グループについて

エマージング市場の更なる成長へのアクセス

グローバル投資におけるエマージング市場の重要性や、エマージング市場への投資で投資家が得る恩恵は、今後更に高まることが見込まれています。
エマージング市場は、時価総額では世界全体の17%に満たないものの1、エマージング諸国のGDPは世界の約40%を占め2、GDP成長率の70%を牽引しています3
また、現在60以上におよぶエマージング市場構成国のファンダメンタルズや経済成長パターンは多種多様で、バリュエーションにも幅が見られます。
こういった背景からも、エマージング市場投資に広範な投資機会が存在することがお分かりいただけるでしょう。

 


2017年3月末時点 
1. MSCI ACワールド・インデックスの浮動株調整時価総額。出所:RIMES
2. 出所:IMF (国際通貨基金) World Economic Outlook Database
3. GDP成長率の見通しは購買力平価に基づくデータ。出所:IMF (国際通貨基金) World Economic Outlook Database

SBCW-Image_500x280

エマージング市場の運用担当者が、今後の見通しと市場の重要性についてお話しします。

 


エマージング投資における
30年の実績

エマージング投資の
パイオニア
X
キャピタル・グループには、エマージング市場創成期にスタートした数十年にわたる運用経験があります

エマージング市場のパイオニア

30年前、世界初のエマージング株式ファンドを創設。当時からの運用担当者が創成期の期待と挑戦について語ります。

投資における調査の重要性

エマージング市場にある多様な投資機会。その投資機会を捉えるには、徹底した調査がいかに重要かを論じます。

エマージング市場の進化

エマージング市場がいかに進化を遂げ、最もダイナミックな投資分野のひとつになったかをお話しします。

長期投資におけるエマージング市場の重要な役割

長期投資におけるエマージング市場の重要な役割について論じています。

エマージング市場の見通し

エマージング市場の運用担当者が、今後の見通しと市場の重要性についてお話しします。
X

キャピタルは、1986年に世界銀行グループの一員である国際金融公社(IFC)に採用され、世界初のエマージング株式ファンドを創設しました

30年以上の投資経験を通じて得た知識は、エマージング市場の複雑な特性を真に理解することに繋がっています

2016年6月末現在。出所:キャピタル・グループ

エマージング投資における
30年の実績
キャピタル・グループには、エマージング市場創成期にスタートした数十年にわたる運用経験があります

エマージング市場のパイオニア

30年前、世界初のエマージング株式ファンドを創設。当時からの運用担当者が創成期の期待と挑戦について語ります。

投資における調査の重要性

エマージング市場にある多様な投資機会。その投資機会を捉えるには、徹底した調査がいかに重要かを論じます。

エマージング市場の進化

エマージング市場がいかに進化を遂げ、最もダイナミックな投資分野のひとつになったかをお話しします。

長期投資におけるエマージング市場の重要な役割

長期投資におけるエマージング市場の重要な役割について論じています。

エマージング市場の見通し

エマージング市場の運用担当者が、今後の見通しと市場の重要性についてお話しします。
エマージング投資の
パイオニア

キャピタルは、1986年に世界銀行グループの一員である国際金融公社(IFC)に採用され、世界初のエマージング株式ファンドを創設しました

30年以上の投資経験を通じて得た知識は、エマージング市場の複雑な特性を真に理解することに繋がっています

2016年6月末現在。出所:キャピタル・グループ


グローバルな連携による
最良のアイデアの発掘

他と一線を画する
キャピタルのリサーチ
X
キャピタル独自の調査体制は、資産運用業界の中でも有数の規模を誇り広域をカバーすることで、お客様のために最良の投資機会を発掘することを可能としています

Boots on the ground 企業調査で訪問したエマージング諸国(2015年)

cg-map-em-countries-visited-in-2015-2-760x408

2016年6月末現在

68

エマージング市場を担当するアナリスト

43

株式アナリスト

14

債券アナリスト

11

マクロエコノミスト

2016年12月末現在
キャピタル・グループでは、株式に関しては、運用および議決権行使に係る投資判断を3つの株式運用部門が独立して行います。債券に関しては、グループを横断して債券運用部門が調査・運用を行いますが、株式に類する性質を持つ有価証券に関しては、3つの株式運用部門のいずれかに代わり、債券運用部門が調査・運用を行います。 出所 : キャピタル・グループ

X
キャピタル・グループでは、リサーチとは、調査対象企業や政府高官に会うことだけにとどまらず、複数のアプローチを駆使して、最も確信度の高いアイデアを生み出すことであると考えています。そのため、アナリストが一般的な「調査」の枠組みを越え、国の経済状況や政治情勢を深く掘り下げられるよう、常に新しいアプローチを探求することが奨励されています。
em-sragen

「インドネシアのスラゲンという土地を訪問したことがあります。現地の指導者は、汚職とは無縁で、その優れた洞察力と管理能力からも高い支持を得ていました。その後数年にわたり、現地を訪問して変化を観察しました。」

 

チャップマン・テイラー

エマージング株式アナリスト

当ページに記載されている運用・調査に関わる人員は、必ずしもキャピタル・インターナショナル株式会社の所属ではありませんが、キャピタル・グループ傘下の関係会社に所属しております。当ページは顧客への情報提供を目的として作成された資料であり、特定の有価証券等の勧誘を目的として作成されたものではありません。

グローバルな連携による
最良のアイデアの発掘
キャピタル独自の調査体制は、資産運用業界の中でも有数の規模を誇り広域をカバーすることで、お客様のために最良の投資機会を発掘することを可能としています

Boots on the ground 企業調査で訪問したエマージング諸国(2015年)

cg-map-em-countries-visited-in-2015-2-760x408

2016年6月末現在

68

エマージング市場を担当するアナリスト

43

株式アナリスト

14

債券アナリスト

11

マクロエコノミスト

2016年12月末現在
キャピタル・グループでは、株式に関しては、運用および議決権行使に係る投資判断を3つの株式運用部門が独立して行います。債券に関しては、グループを横断して債券運用部門が調査・運用を行いますが、株式に類する性質を持つ有価証券に関しては、3つの株式運用部門のいずれかに代わり、債券運用部門が調査・運用を行います。 出所 : キャピタル・グループ

他と一線を画する
キャピタルのリサーチ
キャピタル・グループでは、リサーチとは、調査対象企業や政府高官に会うことだけにとどまらず、複数のアプローチを駆使して、最も確信度の高いアイデアを生み出すことであると考えています。そのため、アナリストが一般的な「調査」の枠組みを越え、国の経済状況や政治情勢を深く掘り下げられるよう、常に新しいアプローチを探求することが奨励されています。
em-sragen

「インドネシアのスラゲンという土地を訪問したことがあります。現地の指導者は、汚職とは無縁で、その優れた洞察力と管理能力からも高い支持を得ていました。その後数年にわたり、現地を訪問して変化を観察しました。」

 

チャップマン・テイラー

エマージング株式アナリスト

当ページに記載されている運用・調査に関わる人員は、必ずしもキャピタル・インターナショナル株式会社の所属ではありませんが、キャピタル・グループ傘下の関係会社に所属しております。当ページは顧客への情報提供を目的として作成された資料であり、特定の有価証券等の勧誘を目的として作成されたものではありません。


ニューワールド
運用戦略

エマージング・マーケッツ・トータル・オポチュニティーズ (ETOP)
運用戦略

エマージング債券
運用戦略
X

従来の垣根を越えてエマージング諸国経済の成長を捉える


当運用戦略は、エマージング市場に上場する株式のほか、エマージング市場を事業基盤とする先進国株式、エマージング市場で起債される債券を主要な投資対象とすることで、国籍にとらわれず、エマージング諸国経済の成長を捉えることを目指した運用アプローチを用いています。
X

リスク抑制を図りつつ、エマージング株式に比肩するリターンの実現

当運用戦略は、エマージング株式市場より低いリスクで、長期で効率的なリターンの獲得を目指します。
X

進化を続ける資産クラスへの実績ある投資アプローチ

当運用戦略は、幅広いエマージング債券資産への柔軟な投資アプローチにより、複層的なリスク管理のもと、包括的な投資ユニバースの投資機会を捉えることを目指します。

当運用戦略に関連する読みもの

ニューワールド
運用戦略

従来の垣根を越えてエマージング諸国経済の成長を捉える


当運用戦略は、エマージング市場に上場する株式のほか、エマージング市場を事業基盤とする先進国株式、エマージング市場で起債される債券を主要な投資対象とすることで、国籍にとらわれず、エマージング諸国経済の成長を捉えることを目指した運用アプローチを用いています。
エマージング・マーケッツ・トータル・オポチュニティーズ (ETOP)
運用戦略

リスク抑制を図りつつ、エマージング株式に比肩するリターンの実現

当運用戦略は、エマージング株式市場より低いリスクで、長期で効率的なリターンの獲得を目指します。
エマージング債券
運用戦略

進化を続ける資産クラスへの実績ある投資アプローチ

当運用戦略は、幅広いエマージング債券資産への柔軟な投資アプローチにより、複層的なリスク管理のもと、包括的な投資ユニバースの投資機会を捉えることを目指します。

当運用戦略に関連する読みもの